カテゴリー:第三部 こころをはぐくむ――病の背景を探る

  • 現代文明社会が失ってきたもの――メンタルヘルスの復興

    わが国アルコール医療の禁明期 三十五年前、はじめて断酒会の存在を知るまでの私は、ほかの多くの精神科医と同様に、ほとんどのアルコール依存症者がアフターケアにおいてなす術もなく、入退院をくり返しながら消息を絶ったり、尊い命…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 依存症の社会的背景――「迷い」の現代

    アルコール蔓延社会 人類がいつどのようにしてアルコール飲料を発見したのかは明らかではありませんが、その歴史は古く、ワインはすでに紀元前数千年につくられていたという記録が残っているようですし、日本でもすでに古事記に酒の話…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 東峰書房 〒102-0074 東京都千代田区九段南4-2-12
TEL 03-3261-3136/FAX 03-3261-3185

ピックアップ記事

  1. 一九八八年、小林哲夫さん(全日本断酒連盟高知県断酒新生会会長、作家)から共著を出さないかとのお誘いが…
  2. わが国アルコール医療の禁明期 三十五年前、はじめて断酒会の存在を知るまでの私は、ほかの多くの精神科…
  3. むずかしい早期診断 いかなる病気も早期に発見して早期に治療するにこしたことはありません。身体の病気…
  4. 家族平衡身体疾患の場合とはちがって、心の病気では人間関係にゆがみを生じてくるので、とくに生活を共にす…
  5. アルコール依存症は人を孤独に追い込む病気 「あのころは一生懸命突っ張っていましたね、まったく素直じ…
ページ上部へ戻る