1. 第三部 こころをはぐくむ――病の背景を探る

    現代文明社会が失ってきたもの――メンタルヘルスの復興

  2. 未分類

    あとがき

  3. 第二部 回復への指針―自助グループのちから

    断酒してからの家族の危機

  4. 第三部 こころをはぐくむ――病の背景を探る

    依存症の社会的背景――「迷い」の現代

まえがき


第一部 アルコール依存症とはどんな病気?
  • 忍びよるアルコール依存症
  • アルコール依存症の進行と特徴
  • 早期治療の問題
  • アルコール依存症の治療と回復
  • 体験を語ることの意味

第二部 回復への指針―自助グループのちから
  • 「一日断酒」と「例会出席」
  • 孤独
  • 出会い
  • 裸になること
  • 病む人を理解するとは
  • 断酒してからの家族の危機
  • 「信じる」ということ
  • 夫婦という「関係」
  • 「生きた断酒」と「死んだ断酒」
  • 奉仕の心
  • 絶対的なるものの発見

第三部 こころをはぐくむ――病の背景を探る

あとがき

ピックアップ記事

  1. むずかしい早期診断 いかなる病気も早期に発見して早期に治療するにこしたことはありません。身体の病気…
  2. 家族平衡身体疾患の場合とはちがって、心の病気では人間関係にゆがみを生じてくるので、とくに生活を共にす…
  3. アルコール蔓延社会 人類がいつどのようにしてアルコール飲料を発見したのかは明らかではありませんが、…
  4. アルコール依存症は人を孤独に追い込む病気 「あのころは一生懸命突っ張っていましたね、まったく素直じ…
  5. わが国アルコール医療の禁明期 三十五年前、はじめて断酒会の存在を知るまでの私は、ほかの多くの精神科…
ページ上部へ戻る